『両界伝』は、「両界曼茶羅」をモチーフにした「胎蔵界」「金剛界」の尊格(仏)たちが、互いにあい入れないものであるがゆえに、不倶戴天の敵として、憎しみ合い、否定し合って、宇宙の原初から戦い続けている物語です。
 戦闘あり、揉め事あり、色事あり、勿論、密教、タントラ、ヨーガ、宇宙論、エネルギー論などを作者独自の見解(思い込みともいう・・)で取り入れています。
-

廉貞(成田画)
粗筋ご紹介
キャラクター画像ご紹介
new cara
narita'cara
fumizuki'cara
Web Reading
1-0 1-1
両界伝辞典

back
Bachiatar Presents